• Admin

第103回日本陸上競技選手権大会!女子砲丸投、郡菜々佳選手3連覇!他、入賞者多数!!

 6月27日(木)~6月30日(日)に博多の森陸上競技場で開催された『第103回日本陸上競技選手権大会』に、本学陸上競技部から10種目21名(OG名を含む)の選手が出場しました。

 本大会は日本王者を決める大会で、大学ごとの参加人数の制限はなく、参加標準記録を突破した選手が出場できます。

 4日間とも、悪天候の中での競技となり、とてもいいコンディションとはいえないなかでしたが、出場選手全員、家族や仲間、恩師の方々の応援を糧に精一杯のパフォーマンスをしました!

 中でも特筆すべきは、女子砲丸投において、郡 菜々佳(スポーツ学部4年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)選手が16m06の投擲で、3連覇を果たし、髙橋 由華(経済学部4年・東京学館新潟高校出身・新潟県)選手は、15m47の自己ベストの投擲で準優勝をし、表彰台を独占しました。

 また、女子ハンマー投において、64m59で優勝を果たした渡邊 茜(OG・丸和運輸機関)選手は、「平成28年 第100回 日本陸上競技選手権大会」も優勝をしており、2回目の優勝を果たしました。


↑ 女子砲丸投において優勝した郡 菜々佳選手(右)、準優勝の髙橋 由華選手(左)


その他、出場選手の結果は以下の通りです。

◉女子砲丸投

優勝  16m06 郡 菜々佳(スポーツ学部4年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)

準優勝 15m47 髙橋 由華(経済学部4年・東京学館新潟高校出身・新潟県)※PB

◉男子円盤投

第15位 48m73 飛松 聡(経済学部3年・九産大高校出身・福岡県)

第18位 45m73 名嘉 哉門(筑豊指導者クラブ・OB・福岡県)

◉女子円盤投

第4位 49m06 郡 菜々佳(スポーツ学部4年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)

第8位 45m77 古賀 瑞穂(スポーツ学部3年・中村学園女子高校出身・福岡県)

◉男子ハンマー投

第3位 65m45 中川 達斗(スポーツ学部3年・姫路工業高校出身・兵庫県)※初出場・PB

第7位 59m31 小田 航平(スポーツ学部4年・飯塚高校出身・福岡県)※初出場

第10位 57m78 木村 友大(スポーツ学部M1年・乙訓高校出身・京都府)

◉女子ハンマー投

優勝  64m59 渡邊 茜(丸和運輸機関・OG・広島県)

第6位 56m67 濵田 恵里奈(経済学部4年・松坂商業高校出身・三重県)

第10位 53m08 メイン 桜(スポーツ学部4年・宮崎工業高校出身・宮崎県)

◉男子やり投

第12位 68m25 森 琢人(スポーツ学部2年・高岡南高校出身・富山県)

◉女子やり投げ

第4位 56m58 山下 実花子(スポーツ学部4年・京都共栄学園高校出身・京都府) 

第8位 55m33 大城 まゆ(九共クラブ・OG・福岡県)※PB

第13位 51m44 當間 汐織(福井スポ協・OG・福井県)

第18位 48m50 勝野 有稀(佐賀陸協・OG・佐賀県)

第19位 47m50 米倉 奈津実(CLAP 佐賀・OG・佐賀県)

◉女子走高跳

第9位 1m70 中村 香南子 (経済学部4年・秀岳館高校出身・熊本県)

第16位 1m70 岡田 彩希(スポーツ学部3年・西京高校出身・山口県)

◉女子走幅跳

第4位 6m07 村上 南帆(スポーツ学部3年・東筑紫高校出身・福岡県)

◉男子100m 

予選落ち 10秒83 新崎 仁也(スポーツ学部2年・那覇西高校出身・沖縄県) 


出場した選手のうち2名が日本選手権優勝、8名が入賞という素晴らしい結果で大会を終えました。

ご声援ありがとうございました。

0回の閲覧
  • Twitter - Black Circle