top of page

九州共立大学陸上競技部が新体制でスタートを切りました!



九州共立大学陸上競技部が新たな体制となり、2024年に向けて新しい決意を胸にスタートを切りました。以下が幹部の紹介です。


  • 男子主将:鈴木 凜(スポーツ学部3年・山梨・山梨学院高校出身)

  • 女子主将:山口 真実(スポーツ学部3年・福岡・北九州市立高校出身)

  • 短距離ブロック長:宮原 陽大(スポーツ学部3年・福岡・自由ヶ丘高校出身)

  • ハードルブロック長:大村 東輝(スポーツ学部3年・福岡・東福岡高校出身)

  • 中長距離ブロック長:山口 真実(スポーツ学部3年・福岡・北九州市立高校出身)

  • 跳躍ブロック長:守安 七斗(スポーツ学部2年・岡山・玉野光南高校出身)

  • 投てきブロック長:山田 隼人(スポーツ学部3年・滋賀・大津商業高校出身)

  • 混成ブロック長:上野山 真白(スポーツ学部1年・和歌山・和歌山北高校出身)


新幹部に選ばれた選手たちの決意表明と写真を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。


皆様の温かいご支援を引き続き頂けますよう、新体制となる九州共立大学陸上競技部をよろしくお願い申し上げます。



2023年10月吉日





Commentaires


bottom of page