top of page

第106回日本選手権及びU20日本選手権のご報告

2022年6月9日(木)から12日(日)にかけて大阪のヤンマースタジアム長居にて、第106回日本陸上競技選手権大会及びU20日本選手権が行われました。


本学関係者からは日本選手権に17名が出場し、郡菜々佳の円盤投・砲丸投の2冠、勝治玲海の女子ハンマー投優勝を含む11名が入賞しました。また、U20日本選手権には15名の選手が出場し、優勝した辻萌々子、村上来花を含む8名が入賞しました。


特に、日本選手権女子ハンマー投で優勝した勝治玲海(スポーツ学部3年・安芸高校・広島県)がマークした61m94は、日本歴代10位、日本学生歴代3位の記録で、九州学生新記録でした✨

また、本学の卒業生である郡菜々佳(新潟アルビレックス・2021年度卒業OG・大阪府)が円盤投において58m70を投げ優勝🏆し、砲丸投では15m57を投げ2年連続5回目の優勝🏆しました。この2冠は、47年ぶりの偉業達成でした。


U20日本選手権の女子やり投では、辻萌々子(スポーツ学部1年・名古屋大谷高校出身・愛知県)が57m17を投げ優勝🏆、さらに女子ハンマー投では村上萊花(スポーツ学部1年・弘前実業高校出身・青森県)が54m43を投げ優勝🏆しました。その他、男子ハンマー投では小河彪(スポーツ学部1年・久居高校出身・三重県)が3位、男子やり投では井上賢斗(スポーツ学部1年・久御山高校出身・京都府)が2位、男子400mでは有田詞音 (スポーツ学部1年・近大福岡高校出身・福岡県)が2位で表彰台にのぼるなど多くの選手が活躍しました✨


出場選手(本学関係者)の主な結果は以下の通りです。


|日本選手権|

◉女子砲丸投決勝

🏆優勝 15m57 郡 菜々佳(新潟アルビレックス・2021年度卒業OG・大阪府)

→2年連続5回目の優勝🏆🏆🏆🏆🏆

第5位 14m58 久保田 亜由(スポーツ学部3年・帯広農業高校・北海道)


◉女子ハンマー投決勝

🏆優勝 61m94  勝治 玲海(スポーツ学部3年・安芸高校・広島県)

→PB・日本学生3位・日本歴代10位・九州学生記録樹立✨

第5位 59m21 奥村 梨里佳(添上高校出身・奈良県)


◉男子ハンマー投決勝

第3位 70m44 中川達斗(スポーツ研究科M2年・姫路工業高校出身・兵庫県)

第4位 69m68 木村 友大(ゼンリン・2020年度卒業OB・京都府)

第5位 67m33 小田 航平(経済・経営学研究科M1年・飯塚高校出身・福岡県)


◉女子円盤投 決勝

🏆優勝 58m70 郡 菜々佳(新潟アルビレックス・2021年度卒業OG・大阪府)

第7位 48m26 城間 歩和(スポーツ学部4年・中部商業高校出身・沖縄県)

→日本選手権初入賞✨


◉男子円盤投 決勝

第6位 52m12 山下航生(スポーツ学部4年・市立岐阜商業高校出身・岐阜県)


◉男子三段跳 決勝

第6位 15m55 黒木雄太朗(東海AC・2014年度卒業OB・宮崎県)


|U20日本選手権|

◉男子やり投決勝

第2位 71m43 井上賢斗(スポーツ学部1年・久御山高校出身・京都府)PB✨

第6位 67m00 出路仁斗(スポーツ学部1年・八幡高校出身・滋賀県)PB✨

第7位 66m44 吉野 壱圭(スポーツ学部2年・添上高校出身・奈良県)


◉男子ハンマー決勝

第3位 65m22 小河彪(スポーツ学部1年・久居高校出身・三重県)


◉男子円盤投げ決勝

第6位 46m40 小宮路大隼(スポーツ学部1年・生光学園高校出身・兵庫県)


◉男子400m決勝

第2位 46.87 有田詞音 (スポーツ学部1年・近大福岡高校出身・福岡県)


◉女子やり投決勝

🏆優勝 57m17 辻萌々子(スポーツ学部1年・名古屋大谷高校出身・愛知県)


◉女子ハンマー決勝

🏆優勝 54m43 村上来花(スポーツ学部1年・弘前実業高校出身・青森県)大会新記録✨






皆様の温かいご支援にいつも感謝しております。

ご声援ありがとうございました。



bottom of page