第105回日本選手権及びU20日本選手権のご報告

2021年6月24日(木)〜27(日)にかけて大阪府のヤンマースタジアム長居にて、第105回日本陸上競技選手権大会および第37回U20日本陸上競技選手権大会が開催されました。本学陸上競技部およびOBOGから日本選手権に19名、U20日本選手権に5名の選手が出場し、日本選手権では2名が優勝🏆、9名が入賞✨、U20日本選手権では2名が優勝🏆、2名が入賞✨しました。


今回の日本選手権の見どころは、女子ハンマー投と女子砲丸投決勝でした。


女子ハンマー投では、本学卒業生の渡邊茜選手(丸和運輸機関・2013年度卒業OG・広島県) が大会記録に迫る66m24を投げ、見事優勝、3連覇🏆🏆🏆(2019・2020・2021)の快挙を成し遂げました。

女子砲丸投では、最終投てきで2番目につけていた郡菜々佳選手(スポーツ学研究科M2年・東大阪敬愛高校出身・大阪府)が16m01を投げ逆転し、九州共立大学がこの種目を5連覇🏆🏆🏆🏆🏆する偉業を達成しました。また、6位に高橋由華選手(スポーツ学研究科M2年・東京学館新潟高校出身・新潟県)、8位に進堂りか(スポーツ学部4年・生野高校出身・大阪府)が入賞し、九州共立大学女子砲丸投の強さが目立ちました。


その他、U20日本選手権の男子やり投で吉野壱圭(スポーツ学部1年・添上高校出身・奈良県)が優勝🏆し、2位に鈴木凜(スポーツ学部1年・山梨学院高校出身・山梨県)、3位に山田隼人(経済学部1年・大津商業高校出身・滋賀県)が入賞し、表彰台を独占🏆🥈🥉、400mHで大村東輝(スポーツ学部1年・東福岡高校出身・福岡県)が優勝🏆するなど、多くの選手が活躍しました✨



出場選手(本学関係者)の主な結果は以下の通りです。


|日本選手権|

◉女子砲丸投決勝 (九州共立大学5連覇)

🏆優勝 16m01 郡 菜々佳(スポーツ学研究科M2年・東大阪敬愛高校出身・大阪府)

第6位 14m68 高橋 由華(スポーツ学研究科M2年・東京学館新潟高校出身・新潟県)

第8位 14m27 進堂 りか(スポーツ学部4年・生野高校出身・大阪府)

※2017~2019年度 郡選手🏆🏆🏆, 2020年度 高橋選手🏆


◉女子ハンマー投決勝

🏆優勝 66m24 渡邊 茜(丸和運輸機関・2013年度卒業OG・広島県) ※3連覇🏆🏆🏆

第6位 57m67 奥村 梨里佳(添上高校出身・奈良県) PB✨


◉男子ハンマー投決勝

🥉第3位 68m82 木村 友大(ゼンリン・2020年度卒業OB・京都府)

第5位 68m56 小田 航平(経済学部4年・飯塚高校出身・福岡県) ※PBおよび福岡県記録更新✨


◉女子円盤投 決勝

🥉第3位 50m30 郡 菜々佳(スポーツ学研究科M2年・東大大阪敬愛高校出身・大阪府)

第6位 49m34 城間 歩和(スポーツ学部3年・中部商業高校出身・沖縄県)※日本選手権初入賞✨


◉男子やり投決勝

第6位 74m05 鈴木 文人(経済学部4年・福岡魁誠高校出身・福岡県)※日本選手権初入賞✨

◉女子やり投決勝

第6位 55m96 山元 祐季(スポーツ学部3年・鹿児島女子高校出身・鹿児島県)

第7位 55m02 山下 実花子(スポーツ学研究科M2年・京都共栄学園高校出身・京都府)


◉男子三段跳

第4位 15m94(+0.2) 黒木 雄太朗(東海AC・2013年度卒業・宮崎県)


|U20日本選手権|


◉男子400mH決勝 🏆優勝 50.27 大村 東輝(スポーツ学部1年・東福岡高校出身・福岡県)PB✨ ◉男子やり投決勝

🏆優勝 70m72 吉野 壱圭(スポーツ学部1年・添上高校出身・奈良県)PB✨

🥈準優勝 68m47 鈴木 凜(スポーツ学部1年・山梨学院高校出身・山梨県) 🥉第3位 66m18 山田 隼人(経済学部1年・大津商業高校出身・滋賀県)


皆様の温かいご支援にいつも感謝しております。

ご声援ありがとうございました。




九州共立大学陸上競技部公式Twitter