日本選手権大会最終日。郡菜々佳が女子円盤投で準優勝!!

6月23日(木)~6月25日(日)に大阪府のヤンマースタジアム長居で開催された『第101回日本陸上競技選手権大会OSAKA 2017』に、本学陸上競技部から8種目18名(OG4名を含む)の選手が出場しました。

本大会は日本王者を決める大会で、大学ごとの参加人数の制限はなく、参加標準記録を突破した選手が出場できます。今回は、ロンドンで開かれる世界陸上競技選手権大会の日本代表選手選考を兼ねています。

前日の砲丸投に続いて最終日の女子円盤投に出場した郡菜々佳(スポーツ学部2年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)が49m87を投げ砲丸投の優勝に引き続き、準優勝を果たしました。

その他、出場選手の結果は以下の通りです。

◉女子円盤投

第14位 41m32 宮本 優香(OG・北九州RIC・福岡県)

◉男子走高跳

第24位 2m05  上別府 剛志(学部3年・鹿児島商業高校出身・鹿児島県)

出場した選手のうち1名が日本選手権優勝、9名が入賞という素晴らしい結果で大会を終えました。ご声援ありがとうございました。

日本学生陸上競技対校選手権大会のご報告

9月11日〜15日にビッグスワンスタジアム(新潟市)で行われました天皇賜盃第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(以下、日本インカレ)にて、本学陸上競技部の学生が多数入賞いたしました。 女子円盤投においては、郡菜々佳(スポーツ学研究科1年・東大阪大学敬愛高校出身・大阪)が日...
  • Twitter - Black Circle