日本選手権大会最終日。郡菜々佳が女子円盤投で3位入賞!!

6月22日(金)~6月24日(日)に維新みらいふスタジアムで開催された『第102回日本陸上競技選手権大会』に、本学陸上競技部から8種目18名(OG名を含む)の選手が出場しました。 本大会は日本王者を決める大会で、大学ごとの参加人数の制限はなく、参加標準記録を突破した選手が出場できます。今回は、ジャカルタで開かれるアジア陸上競技選手権大会の日本代表選手選考を兼ねています。 前日の砲丸投に続いて最終日の女子円盤投に出場した郡菜々佳(スポーツ学部3年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)が50m09を投げ砲丸投の優勝に引き続き、3位入賞を果たしました。 また、男子走高跳に出場した上別府剛志(経済学部4年・鹿児島商業高校出身・鹿児島県)が2m15を跳び7位入賞を果たしました。 その他、出場選手の結果は以下の通りです。 ◉女子円盤投 第12位 44m47 池平 遥香(経済学部4年・岩川高校出身・鹿児島県) ◉男子走高跳 第13位 2m15 植山 勘九郎(スポーツ学部4年・高校出身・福岡県) ◉男子円盤投 第15位 44m95 飛松 聡(経済学部3年・九産大高校出身・福岡県) 出場した選手のうち1名が日本選手権優勝、8名が入賞という素晴らしい結果で大会を終えました。 ご声援ありがとうございました。

日本選手権大会2日目。女子砲丸投において郡菜々佳が日本一達成!!

6月22日(金)~6月24日(日)に山口県の維新みらいスタジアムで開催された『第102回日本陸上競技選手権大会』に、本学陸上競技部から8種目18名(OG3名を含む)の選手が出場しました。 本大会は日本王者を決める大会で、大学ごとの参加人数の制限はなく、参加標準記録を突破した選手が出場できます。今回は、ジャカルタで開かれるアジア競技大会の日本代表選手選考を兼ねています。 大会2日目は、女子砲丸投において郡菜々佳(スポーツ学部3年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)が15m96を投げ日本選手権優勝を果たしました。 その他、女子やり投において、山下実花子(スポーツ学部3年・京都共栄高校出身・京都府)55m68を投げ、第5位入賞、當間汐織(本学OG・福井県スポ協)が51m61を投げ、第8位入賞を果たしました。 その他の出場選手の結果は以下の通りです。 ◉男子やり投 第10位 70m64 松藤圭汰(スポーツ学部4年・祐誠高校出身・福岡県) 第11位 70m12 河野充志(スポーツ学部4年・宮崎工業高校出身・宮崎県) 第16位 67m73 道上雅晃(本学OB・ゴールドジム) ◉男子棒高跳 第14位 5m00 下野祐誠(スポーツ学部4年・鹿児島南高校出身・鹿児島県) ◉女子砲丸投 第12位 13m64 高橋由華(経済学部3年・東京学館新潟高校出身・新潟県) 第15位 13m45 進藤りか(スポーツ学部1年・生野高校出身・大阪府) ◉女子やり投 第16位 5m68 大城まゆ(スポーツ学部4年・コザ高校出身・沖縄県) ご声援ありがとうございました。

日本選手権大会1日目。KKUハンマー男女入賞!!

6月22日(金)~6月24日(日)に山口県の維新みらいスタジアムで開催された『第102回日本陸上競技選手権大会』に、本学陸上競技部から8種目18名(OG3名を含む)の選手が出場しました。 本大会は日本王者を決める大会で、大学ごとの参加人数の制限はなく、参加標準記録を突破した選手が出場できます。今回は、ジャカルタで開かれるアジア競技大会の日本代表選手選考を兼ねています。 1日目は、男子ハンマー投に出場した木村友大(スポーツ学部4年・乙訓高校出身・京都府)が67m35を投げ5位入賞。 また、女子ハンマー投に出場した渡邊茜(OG・丸和運輸機関・広島県)が62m21を投げ準優勝、メイン桜(スポーツ学部3年・宮崎工業出身・宮崎県)が57m38を投げ第5位入賞、本村夏鈴(OG・福岡陸協・福岡県)が56m21を投げ第8位入賞という結果でした。本学学生及び卒業生の3名が入賞する素晴らしい結果となりました。 その他、出場選手の結果は以下の通りです。 ◉女子100m 3組予選7着 11秒96 佐渡山みなみ(スポーツ学部4年・宮古高校出身・沖縄県) ◉女子走幅跳 第16位 5m73  原田 彩希(スポーツ学部4年・祐誠高校出身・福岡県) ◉女子ハンマー投 第12位 54m78 桑原翠(スポーツ学部2年・日高高校・和歌山県) 第16位 53m88 濵田恵里奈(経済学部3年・松坂商業高校・三重県) 第19位 52m43 雪岡野絵(経済学部4年・宇治山田高校・三重県) ご声援ありがとうございました。

日本学生個人選手権大会。女子砲丸投・女子円盤投で郡菜々佳が2冠!女子10000mWで九州学生新記録樹立!!

6月15日(金)~6月17日(日)に神奈川県のBMW スタジアム平塚で開催された『2018日本学生陸上競技個人選手権大会』に、本学陸上競技部か46名らの選手が出場しました。 学生の個人日本一を決める大会で、男女各18種目が行われます。大学ごとの参加人数の制限はなく、参加標準記録を突破した選手が出場できます。 中でも特筆すべきは、女子砲丸投において郡菜々佳(スポーツ学部3年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)が15m71を投げ優勝し、女子円盤投においても51m03を投げ優勝を飾り2冠を達成しました。 また、女子10000mWにおいて、末永貴瑛(スポーツ学部4年・九州国際大学付属高校出身・福岡県)が48:26.21で第7位入賞を果たし、九州学生新記録を樹立しました。女子ハンマー投においては、メイン桜ケイト(スポーツ学部3年・宮崎工業高校出身・宮崎県)が58m05で準優勝を果たし、宮崎県記録樹立を果たしました。 その他、入賞した選手は以下の通りです。 ◉男子やり投 第3位 70m10 河野充志(スポーツ学部4年・宮崎工業高校出身・宮崎県) 第6位 67m34 松藤圭汰(スポーツ学部4年・祐誠高校出身・福岡県) ◉男子ハンマー投 優勝 66m87 木村友大(スポーツ学部4年・京都乙訓高校出身・京都県) 第8位 61m06 村木亮太(スポーツ学部3年・久居高校出身・三重県) ◉男子円盤投 第7位 48m00 北亦雄成(経済学部4年・紀央館高校出身・和歌山県) 第8位 47m33 幾度涼太(経済学部4年・口加高校出身・長崎県) ◉男子砲丸投 第5位 15m50 宮里盛斗(スポーツ学部2年・那覇

日本学生個人選手権大会。女子砲丸投・女子円盤投で郡菜々佳が2冠!女子10000mWで九州学生新記録樹立!!

6月15日(金)~6月17日(日)に神奈川県のBMW スタジアム平塚で開催された『2018日本学生陸上競技個人選手権大会』に、本学陸上競技部か46名らの選手が出場しました。 学生の個人日本一を決める大会で、男女各18種目が行われます。大学ごとの参加人数の制限はなく、参加標準記録を突破した選手が出場できます。 中でも特筆すべきは、女子砲丸投において郡菜々佳(スポーツ学部3年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府)が15m71を投げ優勝し、女子円盤投においても51m03を投げ優勝を飾り2冠を達成しました。 また、女子10000mWにおいて、末永貴瑛(スポーツ学部4年・九州国際大学付属高校出身・福岡県)が48:26.21で第7位入賞を果たし、九州学生新記録を樹立しました。女子ハンマー投においては、メイン桜ケイト(スポーツ学部3年・宮崎工業高校出身・宮崎県)が58m05で準優勝を果たし、宮崎県記録樹立を果たしました。 ↑ 女子砲丸投と女子円盤投で2冠を達成した郡菜々佳(スポーツ学部3年・東大阪大敬愛高校出身・大阪府) ↑ 10000mWで第7位入賞、九州学生新記録を樹立した末永貴瑛選手(スポーツ学部4年・九州国際大学付属高校出身・福岡県) ↑ 女子ハンマー投で準優勝し、宮崎県記録樹立を果たしたメイン桜ケイト(スポーツ学部3年・宮崎工業高校出身・宮崎県) その他、入賞した選手は以下の通りです。 ◉男子やり投 第3位  70m10 河野充志(スポーツ学部4年・宮崎工業高校出身・宮崎県) 第6位  67m34 松藤圭汰(スポーツ学部4年・祐誠高校出身・福岡県) ◉男子ハンマー投 優勝 

日本陸上競技選手権大会混成競技。本学から2名出場!!

6月16日(土)~6月17日(日)に長野県の長野市営陸上競技場で開催された『第102回日本陸上競技選手権大会混成競技』に、本学陸上競技部から岡山省吾(経済学部3年・諫早農業高校出身・長崎県)選手、酒見美咲(スポーツ学部3年・三池高校出身・福岡県)山崎有紀選手(九州共立大学OG・スズキ浜松AC)が出場しました。 この大会は混成競技日本一を決める大会です。今年は2018アジア競技大会(ジャカルタ)代表選考大会として、男子十種競技と女子七種競技が行われました。 女子七種競技では 山﨑有紀選手(スズキ浜松AC)が日本歴代3位の好記録5836点の自己ベストで優勝を果たし、第9位で入賞は逃しましたが酒見美咲(スポーツ学部3年・三池高校出身・福岡県)も5166点自己ベストで好記録でした! 【男子十種競技】 岡山省吾選手の競技結果 ◉1日目  [3511] - 100m 11.40 (+3.2) / 774 [774] - 走幅跳 6m77 (+1.1) / 760 [1534] - 砲丸投 10m85 / 537 [2071] - 走高跳 1m85 / 670[2741] - 400m 50.99 / 770 [3511] ◉2日目 [7042] - 110mH 15.02(+0.6) / 847 [4358] - 円盤投 32m68 / 517 [4875] - 棒高跳 4m40 / 731 [5606] - やり投 56m54 / 686 [6292] - 1500m 4:29.11 / 750 [7042] 【女子七種競技】 酒見美咲選手の競技結果 ◉1日目 [3059] - 100

日本陸上競技選手権大会混成競技。 本学から2名出場!!

6月16日(土)~6月17日(日)に長野県の長野市営陸上競技場で開催された『第102回日本陸上競技選手権大会混成競技』に、本学陸上競技部から岡山省吾(経済学部3年・諫早農業高校出身・長崎県)選手、酒見美咲(スポーツ学部3年・三池高校出身・福岡県)山崎有紀選手(九州共立大学OG・スズキ浜松AC)が出場しました。 この大会は混成競技日本一を決める大会です。今年は2018アジア競技大会(ジャカルタ)代表選考大会として、男子十種競技と女子七種競技が行われました。 女子七種競技では 山﨑有紀選手(スズキ浜松AC)が日本歴代3位の好記録5836点の自己ベストで優勝を果たし、第9位で入賞は逃しましたが酒見美咲(スポーツ学部3年・三池高校出身・福岡県)も5166点自己ベストで好記録でした! ↓ 女子七種競技で優勝を果たした右:山崎有紀選手(九州共立大学OG・スズキ浜松AC) 左:酒見美咲選手 岡山省吾選手の競技結果       酒見美咲選手の競技結果 ◉1日目 男子十種競技 [3511]      ◉1日目 女子七種競技[3059] -100m 11.40 (+3.2) / 774 [774]        -100mH 14.30 (+0.4) / 936 [936] -走幅跳 6m77 (+1.1) / 760 [1534] -走高跳 1m50 / 621 [1557] -砲丸投 10m85 /537 [2071]        -砲丸投 11.73 / 643 [2200] -走高跳 1m8

Special Topics
What's New
Archives
Search from Tags
Social Media
  • Twitter - White Circle
  • Twitter - Black Circle